スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6話!


はぁぁぁ

疲れるよー

足がぱんっぱんです…

ブログってのは要するに現実逃避なんだねぇ

さぁ、第6話ですが。

こいつぁ心理描写的なあれですぜ。

よくわかんないけども。

死後の世界的な??

よくわかんないけども。

救われないよね。





-6-

ざあざあ ざあざあ
止まない雨が降っている。
酷い土砂降りが続いている。
ここは何処だろう、女は思った。
暗くて冷たい。
好きだったはずの雨も、ここでは心細い感覚があるだけだ。
ここは何処だろう、女は思った。
言い知れない不安に襲われて、女は走り出した。
行き先が決まっているわけでもない。ただ何かに駆り立てられるように、走り出した。
ここは何処だろう、女は思った。
まっすぐ走っているはずなのに、円を描いて走っているような気もする。
周りには何も見えないのに、常に誰かに見られているような気もする。
恐ろしい、女は思った。
立ち止まることが出来なかった。
止まったら最後、恐怖に縛られそうだった。
×××君!
女は叫んだが、その声は自分自身にさえ届かない。
×××君!
瞼の奥に記憶された像が呼び覚まされる。
一番最近見た姿。後姿。
どうして。
後姿に向かって駆け出した。
一向に距離は縮まない。
どうして置いていくの。
×××君!
叫ぶ声も届かない。
それでも、女は走り続けた。


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://my13al.blog67.fc2.com/tb.php/60-05390180

«  | HOME |  »

プロフィール

mike

Author:mike
見えない敵と戦う


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。